ownline™ 蔦棗 - 金輪寺

金輪時 蔦棗(つたなつめ)" は木地に蔦の木を使用しています。 拭き漆仕上げとなっているので、木目の美しさが見どころのひとつとなっています。 胴部は一本の蔦の木をそのまま刳り貫いて作られ、 本金蒔絵により木目と絶妙なバランスで描かれた蒔絵まで、すべて職人により手作業で描かれた一級品です。

金輪寺(きんりんじ) とは、薄茶器の一種で、和物の塗物茶器の初めとされます。胴は寸切りの如く、置蓋で、蓋の甲が丸みをもち、掛かりが少し外に広くなっています。こんりんじ、金林寺ともいいます。

SIZE : width(幅):65mm / depth(奥
行):65mm / height(高さ):75mm※蓋のみφ70mm
storage space(収納スペース):φ60mm×57mm
用途:抹茶•お茶の葉入れ、調味料入れ、アクセサリー、小物入れなど。

¥ 168,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料540円が掛かります。

通報する